はるか先生

haru
名前
はるか先生

物心ついた時から私の将来の夢は、保育士の先生でした。小学校の頃から保育園のお手伝いにいったり、ピアノを習い始めたり、夢に向かって一直線でした。保育士になって4年目、まだまだ子どもたちに教えてもらうことばかりですが、「子どもたちがいま求めていることは何なのか」常にアンテナを張りながら、笑顔いっぱい楽しい毎日になるよう、まずは自分自身が楽しむことを大切に、日々子どもたちと向き合っています。